愛知県尾張旭市 新井会計のマーケティング・ブログ。

マーケティングとサッカーをこよなく愛する税理士のブログです。

モチベーションをいかにと持ち続けるのだろうか。〜高原のJ3相模原移籍。

東京ヴェルディの高原選手のSC相模原への移籍は驚いた(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140321-00133712-gekisaka-socc)。


高原選手といえば、ブンデスリーガで活躍し、勇躍浦和レッズに加入。


その浦和時代、おそらく日本人選手最高年俸で、南アのワールドカップでの活躍が期待された。


しかし、詳しい事情は分からないけど、浦和で、何かの歯車が狂ってしまった。


それから、Kリーグ→清水→東京V(J2)と渡り歩き、今度はJ3である。


おそらく出場機会を求めての移籍だとは思うけど、


華やかな舞台を体験した一流選手が何をモチベーション(動機づけ)とするのだろうか。


モチベーションは、一段一段、階段を上がっていくように、一つの目標が達成されると、


その目標はモチベーションにはならない。


また、ずっと上の段(現時点では達成が見えない目標)はモチベーションにはならない。


本田選手が、小学校の時に書いた作文は「夢」である。


ただし、本田選手はそこへ行くために一つ一つ階段(目標)をクリアしていったのであって、


一足飛びにその夢をかなえたわけではない。


そして、最も難しいのが、今回のように下のカテゴリーに下がっていく場合である。


すでに達成している目標、上を体験していると、その目標はモチベーションにはなりにくい。


つまり、他のJ3の選手なら、「上のカテゴリーに上がる」がモチベーションになるが、


高原選手の場合は、これがモチベーションにはならないのである。


ましてやSC相模原は、J2ライセンスがないのだから、チームとして、J2の昇格がない。


以前、亡くなった松田直樹選手が、横浜Mから、当時JFLの松本山雅に移籍した時は、


チームをJ2にというモチベーションを見つけ移籍したが、


高原選手は、何をモチベーションにするのであろうか。


ぜひもう一度活躍する姿を見たいが、モチベーションという観点からは、難しい選択をしたように思える。



ブログランキングに参加しています。
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村








論文書くのもたいへんなんよ(その2 : 私の論文の書き方をちょっと)


今度は博士論文のコピペ疑惑(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140312-00000003-jct-soci)。


確かに博士論文は、どの大学も書庫にあるから閲覧は自由だけど、持ち出しってOKなのかなぁという疑問はさておき。




ちなみに、私が論文を書くときに、イントロダクションに相当する部分は、最後に書きます(というか、最初に書いても、間違いなく書き直します)。


なので、締め切りギリギリになって残るのはこの部分。


なぜ、そうなるかというと、想定していた結論が、(私の場合は、調査などによって)うまく導き出せない場合が多いからです。


だから、それに合わせて、イントロダクションを書かないと、論文の整合性が取れなくなります。


じゃあ、何で結論もまともに出てないのに、書くんだという話になりますが、


1つは、研究過程であっても発表して、いろいろな先生から意見を聞きたいということと、


「実績」のため、定期的に発表をしていくという理由からなのです(私の場合は、こっちの理由のほうが強いのですが)。




あと、私の指導教官はよく、論文はまず註(レファレンス)から読むと言われていました。、


つまり、註を読めば、専門外であっても、その良し悪しがわかるということです。


おかげで、註の書き方は、今でも慎重です。




今回の騒動。


あらぬ方向へ報道がいってしまって、オイオイという感じですが、


この先の影響が心配です。








論文を書くのは大変なんよ!



理研のSTAP細胞の論文の真偽をめぐって、いろいろ報道されているけど、


論文を書くのは大変なんよ。


ましてや、査読(ジャッジ)付きとなると、掲載するだけでも大変で、


私の体験でも、くそみそに言われて、気力が萎えちゃって、ペンディングしてから何年も、なんてことがあるから。


今回は、その分野の権威ある雑誌に、やっとのこと掲載された研究論文が、


掲載されてからくそみそに、しかも、わかりもしない外野からも言われるという展開。


執筆者の立場から言えば、天国から地獄にまっさかさま。


しかも、今回はマスコミが一人の研究者を持ち上げに持ち上げたから、


その反動は、計り知れないほど大きい。


どこかのニセ音楽家と同類で扱うのは、どうかと思うけど。







またまた完全比較広告。コカコーラの反撃はあるか?

このCM。


テレビで見たとき、度肝を抜かれました。


完全なる比較広告。






こちら1991年。





何かと問題になった、つまり根拠なし(つまりイメージの形成を目的とした)でつくった比較広告。


今度は根拠あり。


はたして、コカコーラの反撃は!!


時間がないので、解説はまたの機会に。

租税教室は難しい!!


確定申告期、真っ盛りではありますが、


先日行った、高校での租税教室(先生方の)アンケートが手元に届きました。


(ちなみにこの租税教室は高校3年生まるまる全員を講堂に集めてしゃべる大教室方式)


しゃべりには自信のある(過剰ですけど)私には、かなり衝撃的で凹むな内容。


森さんの「真央ちゃんころんじゃう」事件じゃないけど、意図がちゃんと伝わってないこともあるけど、


少子高齢化(社会保障充実)と財政健全化の二律背反をどうしていくのかを考えてほしいという意図が、


そうは伝わってないところもあるみたいで、


税金をなぜ納めなければならないのかをもっと丁寧に説明すればよかったのかと反省しております。


それから、「話が飛びすぎる」という指摘が多かったのですが、


これはわざとで、


話を飛ばすことによって、聞く側の集中を切らさないようにするという私ながらのやり方なんだけど……。


あと、パワーポイントは使い方が難しい。


普段はつかわないけど、時間に制約がある場合は使用しています。


使うと、必ず、「読んでるだけ」という指摘があるので、


極力棒読みにならないように気を付けているものの、どうしてもそうなっちゃう。


どうしてだろう??


いずれにしても、50分は短い。あと30分はほしかった。


livedoor プロフィール
人気ブログランキング
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ