ぼちぼちスマートフォンに替えないと「時代に乗り遅れる」という恐怖心から、


auでも、iPhoneを取扱を開始したということで、取扱店に行ったところ、


もともと、ソフトバンクお得意の「実質0円」料金設定が。


しかし、なぜか、他社からの乗換えの場合で、機種変更の場合は、しっかり実質有料。


私の場合、初めて携帯電話を持ってから、15年以上、ずっ〜とauなのですが、


ポイントがたまる以外、長くauを利用していることにメリットはなく、


機種変更をするたびに、


同じ機種でも、新規契約は「0円」なのに、


機種変更の場合は、必ず、型落ちでもしっかり機種代かかり、いつも、かなりの損した気分を味わっていました。


今回のiPhoneも同じ設定のなのですが……。


結局、今回はソフトバンクにするつもりですが、


常識として、よく言われていることは、


既存顧客を維持する方が、新規顧客を獲得するよりも、企業の利益を維持するためには大切ということ。


たまたま、auの販売店に、au本体からの応援が来ていたので、直接、その疑問をぶつけたところ、


「よく言われることなのですが……」というお答え。


わかっているけど、お金になるところは、しっかりとって、


それを新規獲得の費用に回すという、従来のやり方から抜け出せないのでしょう。


他方、ソフトバンクは、新規でも機種変更でも、条件は一緒。


まだ、こちらの方が公平感があります。


ただし、ソフトバンクは、極めてドライな会社なので、


囲い込みから、外れようとする顧客には容赦はしないので、


なにか、トラブルが発生したりした時の怖さは、他社以上ですが。


ブログランキングに参加しています。
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村