愛知県尾張旭市 新井会計のマーケティング・ブログ。

マーケティングとサッカーをこよなく愛する税理士のブログです。

2014年04月

「家業か企業か」〜赤福の社長交代劇を考える。

伊勢名物として有名な「赤福」。


4月23日臨時株主総会を開き、浜田典保(のりやす)社長(51)の退任を決め、


その後の取締役会で、典保氏の母勝子(まさるこ)氏(77)を新社長に選びました。(http://www.akafuku.co.jp/newrelease/20140424_01.pdf。)


臨時株主総会といっても、典型的な同族会社で、その株の大部分を実質、父親である、先代社長の益嗣(ますたね)氏(76)が持っていたのですから、


ほぼ「鶴の一声」状態での解任といえます。


ニュースリリースによると、その他の取締役に関しては、留任および執行役員への登用が予定されており、一名が退任となっており、


読み取り方によっては、この一名だけが、解任された社長派といえるかもしれません。


また、新取締役には、親族と思われる女性が登用されており、今後の後継者指名に何らかの関連があるかもしれません。




赤福は、2007年の消費期限偽装問題で、ブランドが大きなダメージを受けたのにもかかわらず、


そのあとの火消が見事で、


現在では、偽装問題以前以上の売り上げを誇っています。


事件後の食品安全に徹底していることは、HPからも読み取れ、


その姿勢がダメージを回復させた要因といえます。


また、伊勢市の商工会長を先代社長が歴任し、また、一部報道によると、解任された社長も商工会活動などには熱心に活動していたところを見ると、


やはり、伊勢市の代表的な企業を守ろうとする地元の意向もあったようにも推察されます。


(誤解を生みそうな表現ですが、伊勢神宮内宮前の「おかげ横丁」は赤福本店を中心に整備されており、


当然、赤福の集客力が、他の店舗への波及効果を生んでいることは間違いありません。)




今回の解任劇の一端をHPから見ることができます。


それは「経営理念」と「経営方針」のギャップです。


特に公開されてる経営方針は、2014年3月10日の署名があり、これが、今回の解任の一因と思われますが、


以下の通りです(早々に削除されそうなので全文を転載します)。





弊社は、現在そして将来に渡りまして、以下の経営方針に基づき社業を行って参ります。

1.「家業から企業へ」につきましては、組織の近代化を常日頃から図り、企業としての仕組みやルールを構築し、維持して参ります。

2.「顧客への貢献」につきましては、「安全・安心」の提供を第一にお客様のご期待とご満足にお応えして参ります。

3.「コンプライアンス優先」につきましては、弊社全役職員が関係法令を理解し、適切に整備・運用・見直しをすることによりまして社会から信頼される企業であり続けるよう行動して参ります。

以上の方針につきましては、平成20年1月31日付株式会社赤福コンプライアンス諮問委員会発行『報告書』に基づき作成致しております。

http://www.akafuku.co.jp/company/philosophy/






1.で、明確に企業への脱皮を宣言しており、解任された社長の、何らかの意思表示ともいえます。


しかし、ほとんどの取締役が残った現状を見ると、


偽装事件という危機に対しては、解任された社長の元一致団結したものの、業績が回復したことにより、社内的に番頭グループと軋轢が生じ、


古き良き「赤福」がなくなることへの危機感が、今回の解任へとつながっていったと考えられます。




蛇足ながら、今回の新役員に税理士が監査役として選任されました。


赤福の規模で、監査役に税理士という前近代的な人事をしていること自体が、危うさを感じます。


ブログランキングに参加しています。
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村














韓国旅客船沈没事故報道の不思議。



韓国旅客船沈没事故は大変痛ましい事故です。


今回の事故報道をすべてウォッチしているわけでもないし、


韓国マスコミの報道を見ているわけでもないので、


勘違いの可能性もありますが、


ニュースを見ていて、とても違和感を感じます。


というのは、沈没原因が確定していないにもかかわらず、


すべての責任は船長や船員にあるという報道。


そして、それを追随するような「殺人に等しい」という大統領の発言。


大統領がそんなことを言っていいのかと耳を疑いました。


そして、逮捕はされているものの、まだ容疑者段階の船員の吊し上げのような囲みの記者会見。


もちろん、遺族家族や不明者の家族の立場に立てば、罵声を浴びせたくなるのも理解できますが、


「あいつらの責任」と決めつけて報道するのはいかがなものかと思います。


明らかに誰かが責任を回避するために、


誰かに責任を押し付けようとしているのがミエミエで、


とても見苦しいの一言です。


マスコミは感情的、情緒的にならず、冷静に原因究明をするべきです。


ブログランキングに参加しています。
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村







「い・ろ・は・す」1555mlペットボトル〜なぜ、コンビニ限定?

「い・ろ・は・す」に1555mlペットボトルをラインナップに追加されました。


いろはす



もちろん、ペットボトルが大きくなっても、植物由来の絞れるペットボトルはそのまま。




気になる点が一つ。


この1555mlサイズはコンビニエンスストア限定で販売されます。


ふつう、大きめのサイズは、スーパーマーケットなどでの販売用なのですが。


ニュースリリース(http://www.cocacola.co.jp/press-center/press-release/news-20140331)には、ターゲットが書かれていないものの、


1555mlは、ヒトが1日に必要な水分量。


一人暮らしのヒトが、朝コンビニで買って、夜までに飲みきることを想定しているようです。


いくら国内最軽量ペットボトルとはいえ、「持ち運ぶかなぁ~」というのが、正直な感想。



ブログランキングに参加しています。
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村




コピペは絶対ダメ!!、しかし、その能力は必要なのかもしれない。



STAP細胞論文の「ねつ造」、「改ざん」問題。


有名科学誌の査読付き論文に掲載されて、


しかも、査読者も、ましてや、その共著者もその信憑性を疑わなかった、


博士論文にしても、その多くの部分をコピペしていたにもかかわらず、


主査も副査もそれを見破ることができなかった。


私も学生のレポートを見るが、コピペはソフトを使わなくてもすぐにわかる。


が、そのコピペしているレポートを読んでいると、コピーしている個所は、多くの場合、間違っていない。


だいたい、何もわからずコピペするとトンチンカンな文章になると思うが、


けっこう、まともだったりする。


つまり、情報収集については、間違っていないということで、


コピペしないで、引用するなら、正規に引用して、自分で文章を構築して、自分の考えを入れれば、


ちゃんとしたレポートになる。


インターネットの技術が進み、世界中の情報を端末を使えばすぐに集められる現状において、


あふれんばかりの情報の中から、必要な情報をいかに探し出すかという能力は、


最近の学生は、私たちの世代より上である。


だから、小保方さんの論文のアナを見つけることができなかったのではないかと思う。


今は、書庫に潜って、必死で資料を集める時代ではない。


逆に、読み切れないほどの情報がいっぺんに集まるのである。


それを、一見で取捨選択する能力は研究者には必要な能力ではないだろうか。


指導教官にも、上司にもその能力が乏しかったということになる。
 

ブログランキングに参加しています。
     ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


おかみに逆らうとは、大幸薬品もやるの〜。



消費者庁は3月26日に大幸薬品など17社の空間除菌グッズのWebサイト等の表示について、


景品表示法の優良誤認(ー尊櫃里發里茲蠅眞しく優良であると消費者に誤認させる→実際にはそんな効能はないのにあると勘違いさせる。∋実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると誤認させる→競合他社よりも、自社の製品のほうが優れていると勘違いさせる)に該当するとして、


措置命令(直せという命令)が出されました(http://www.caa.go.jp/representation/pdf/140327premiums_2.pdf)。


ちなみに、大幸薬品の「クレべリン ゲル」は、インフルエンザウィルスに効果があるということで、今シーズンインフルエンザ対策グッズとして「R-1」と並んでヒットした商品です。


cleverin_g150


この消費者庁の措置命令に対して、大幸薬品は速やかにWebサイト等を改善しました(http://www.seirogan.co.jp/news/20140327Cleverin.pdf)。



さて、大幸薬品といしては、この商品に「効果がない」と思われるのが一番怖いことで、



この冬、我が家は 「クレベリン ゲル」が家中に置いてあり、インフルエンザに誰もかからず過ごしたのですが)ヨメは「騙された」と憤っていました。


その対策として、大幸薬品は、3月31日の全国紙5紙に「『クレベリン』の主成分『二酸化塩素』は、ウイルス・菌を除去します」という広告を出し、今後も同商品を利用するよう訴えたのですが、



消費者庁は、31日、大幸薬品に対して「景品表示法違反(優良誤認)に基づく再発防止などの措置命令を受けたにもかかわらず「消費者に誤解を与える広告を出した」として、懸念を伝えました。


この一連の流れについては、大幸薬品としては、消費者に「ウソ」をついていたと思われることが、当該製品のみならず、


他の製品にも影響することや、社全体のイメージダウンを招くという、負のスパイラルになることが一番懸念され、


事実、株価は大きく下落しています。



ここからの大幸薬品のパブリシティは難しい局面を打開するためにどうするか、担当者の腕の見せ所です。


ブログランキングに参加しています。
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村






livedoor プロフィール
人気ブログランキング
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ