カップヌードル新CMシリーズ「SAMURAI,FUJIYAMA,CUPNOODLE」 (http://www.cupnoodle.jp/index.html?xadid=0001c091001120331


つねに、その時代の若者の味方をしている(逆にいうと、ターゲットにしている)カップヌードルらしい作品になっています。


前の「SURVIVE!」シリーズの


も、









も、







も、なかなか、世相を反映していて、しかも、1本目はどこぞの会社を批判しているような(なにか、どこぞからクレームがついたという話もありますが)、



これぞカップヌードルというCM。



しかし、なんで、インスタントラーメンでこんな大がかりでクオリティーの高いCMをつくるのか?



しかも、ターゲットはつねに若者。



この姿勢は、発売以来かわりません。



「いつでも、どこでも、どんな時でも、お湯さえあれば食べられる」←「ハラがへっては戦えぬ」



この最大の便益(ベネフィット)をその当時の若者に発信することによって、



共感を得て、



その若者層がトシを重ねても、「俺たちの」的意識を植え付けることこそが大切なのです。




ちなみに、こちらのシリーズを覚えていますか?



このシリーズは私が好きなシリーズで、







こちらのシリーズは「食に国境なし」



と、








こちらは「家事からの自由」を表しています。



これこそ日清食品の理念(http://www.nissinfoods.co.jp/com/rinen/)といえるものです。



ブログランキングに参加しています。
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村