リニューアル計画第1弾。「顧問料の明瞭化」


今まで、顧問料については、ざっくりとした金額(たとえば、「流通業、売上5億円以上○○万円」という感じで)をHPには掲載していました。



あとは、企画書兼見積書で詳細を説明して、という段取りにしていました。



しかし、先日の一件(見積書を出したものの、それだけで電話をしても、電話に出てもらえず、説明もできない)で考えさせられたので、顧問料とそのサービス内容を、HPを見ただけで、ある程度はわかるようにしたいと思っています。



ただし、価格設定を、以前と変更(下げる)するのではなく、あくまでも、明瞭化によってお客さんの「税理士の顧問料って高いんじゃないの」という不安をなくすのが目的です。



この金額で、高いと思われたら、それでおしまいですけど……。



にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ